5/21

開館日

高岡市美術館

  • 高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

ウィリアム・モリス  英国の風景とともにめぐる デザインの軌跡

2023年3月18日(土)~5月7日(日)

※3/18(土)は10:30から開場。 ※5/1(月)は臨時開館。

展覧会チラシ
ウィリアム・モリス  英国の風景とともにめぐる デザインの軌跡

ウィリアム・モリスは19世紀の英国で、芸術家、詩人、作家、思想家、社会運動家など多彩な分野で活躍しました。中でも、職人による手仕事に回帰し、芸術と日常生活との統合を目指した「アーツ・アンド・クラフツ運動」を先導したことで知られます。その理念と実践は世界各国に影響を及ぼしました。本展では、その幼少期から晩年に至るまで、デザイナーとしてのモリスの生涯をひも解きます。モリスと仲間たちによって手掛けられた壁紙や染織品、書籍や椅子など約80点に、写真家・織作峰子氏(大阪芸術大学教授)が撮影したモリスゆかりの建築物や発想の源泉を思わせる英国の風景などの写真約20点を組み合わせ、デザインの軌跡をたどります。

基本情報

名称 ウィリアム・モリス  英国の風景とともにめぐる デザインの軌跡
期間 2023年3月18日(土)~5月7日(日)
期間(その他) ※3/18(土)は10:30から開場。 ※5/1(月)は臨時開館。
観覧料

一般:1,200円(前売・団体・シニア900円)
大学生・高校生:700円(団体560円)
中学生以下:無料
※団体は20名以上(分散入場をお願いすることがあります)、シニアは65歳以上。
※身体障がい者・精神障がい者保健福祉・療育等各種手帳をお持ちの方および付き添いの方(1名)は観覧料が半額です。手帳をご持参ください。

前売券

一般券のみ:900円 2023年2月3日(金)より発売開始
高岡市美術館ミュージアムショップ、富山新聞社営業事業部・同高岡支社、北國新聞読者サービスカウンター、富山新聞文化センター高岡プラザ、高岡市生涯学習センター(ウイング・ウイング高岡3F)、画材たんぽぽ、富山大和などでお買い求めいただけます。

主催

「ウィリアム・モリス」展実行委員会[高岡市美術館(公益財団法人高岡市民文化振興事業団)、富山新聞社、北國新聞社]

共催

高岡市

後援

ブリティッシュ・カウンシル、富山県、高岡市教育委員会

企画協力

株式会社ブレーントラスト

関連行事

○申し込み方法(①②共通):申し込み方法は3月中旬に高岡市美術館ホームページや富山新聞紙面などで案内します。

①講演会「ウィリアム・モリスの足跡を訪ねて」

講師:織作峰子氏(写真家・大阪芸術大学教授)
日時:4月16日(日) 14:00~15:00
会場:高岡市美術館地階ビトークホール
*事前申込制(定員50名)・聴講無料*

②担当学芸員によるトーク

日時:4月22日(土) 14:00~15:00
会場:高岡市美術館地階ビトークホール
*事前申込制(定員50名)・聴講無料*

TOP